腰痛対策専用マットレス【モットン】の口コミまとめ

腰痛で温める時の注意点

 

最初にお断りしますが、温める時は次の手順を守ってください。第一の点はギックリ腰などでズキズキと痛んでいたところがそのズキズキ感が治まっていることです。それは毛細血管からの出血が止まった証拠です。
次はズキズキとしていたところと、その周りの体温を比べてください。患部の熱が治まっていることも条件です。
■注意する2つのこと
1)患部のズキズキ感が治まること。
2)患部に熱がないこと。
この2つのことを確認してから温めますが、その前にさらに理解してほしいことがあります。血液が熱に対してどのように反応するのかを確認してください。献血で採血された血液は冷蔵庫で保管します。その理由は血液が温まり過ぎると血液の中の酵素が働いて凝固するからです。だから身体も体外から急激に温めないことです。さらにもう一つ理解してほしいことは熱の伝わり方の問題です。患部を温かくするとその周りから冷たい空気が患部の周りに入りこんできます。つまり熱伝導の対流現象が起きて身体が却って冷えてきます。このような理由から体外から加熱するよりも体温を逃さないように保温をするのがベストです。晒(さらし)や腹巻で温めてください。
ご健康でお暮しください。
"
"腰痛で温める時の注意点
最初にお断りしますが、温める時は次の手順を守ってください。第一の点はギックリ腰などでズキズキと痛んでいたところがそのズキズキ感が治まっていることです。それは毛細血管からの出血が止まった証拠です。
次はズキズキとしていたところと、その周りの体温を比べてください。患部の熱が治まっていることも条件です。
■注意する2つのこと
1)患部のズキズキ感が治まること。
2)患部に熱がないこと。
この2つのことを確認してから温めますが、その前にさらに理解してほしいことがあります。血液が熱に対してどのように反応するのかを確認してください。献血で採血された血液は冷蔵庫で保管します。その理由は血液が温まり過ぎると血液の中の酵素が働いて凝固するからです。だから身体も体外から急激に温めないことです。さらにもう一つ理解してほしいことは熱の伝わり方の問題です。患部を温かくするとその周りから冷たい空気が患部の周りに入りこんできます。つまり熱伝導の対流現象が起きて身体が却って冷えてきます。このような理由から体外から加熱するよりも体温を逃さないように保温をするのがベストです。晒(さらし)や腹巻で温めてください。
ご健康でお暮しください。