腰痛対策専用マットレスモットンで腰の痛みちゃんバイバイ

マットレスで腰痛を改善するにはモットンが一番?

私が今使っているマットレスは、数年前に通販サイトで購入したものです。それまでは薄い布団を床に敷いて寝ていたため、床の硬さが身体にも伝わってくるような感じで、お世辞にも快適な睡眠が取れていたとは言えませんでした。そこで、床の硬さが気にならないくらい柔らかくて弾力のあるマットレスが欲しいと思い、通販サイトで検索して良さそうなものを購入しました。マットレスについて特に詳しい知識は無かったため、あまり深く考えずに選んだのですが、配達され部屋に置いてもらったマットレスに寝転ぶととても快適で、これからは気持ちよく眠れると嬉しく思いました。

 

マットレスを購入!その厚みで腰が痛くなくなった?

 

kosiitai

 

購入したマットレスは、以前に使用していた布団の数倍の厚みがあり、弾力はありますが柔らかすぎないところが良いです。柔らかすぎるマットレスで寝ると身体が沈みすぎて却って腰が痛くなったりすると聞きますし、その感覚は私にもなんとなく想像がつきます。なので、ちょうど良い弾力のマットレスを手に入れることができて良かったです。
ところが、マットレスを購入して数日経ってから、いつも定期的にやっている部屋の掃除をすることになりました。私はベッドではなく床で寝ていて、マットレスはずっと敷きっぱなしでいたのですが、掃除をするためにマットレスを別の部屋に移動しようとした際、マットレスが重すぎて自分で運ぶのにかなり苦労してしまいました。以前の布団なら1人で簡単に持ち上げられたのですが、柔らかすぎずそれでいて厚みのあるマットレスは重量が比べものにならず、しかも私は腕が短いので、マットレスをたたんで持ち上げようとしても、マットレスの端と端まで腕が届きにくくて困りました。
マットレスを持ち上げる時に腰を痛めそうになってしまったりして、まさかこんな所で苦労するとは思いませんでした。マットレス自体は重宝していますが、掃除の時だけはとても憂鬱になります。でも、事前にそこまで考えて購入する人もなかなかいないと思いますので、マットレスの購入を考えている人には、自分で無理なく持ち運べるかどうかも考えて購入するようアドバイスしたいです。

 

腰痛はマットレスや椅子の選び方も超重要なのです

 

kosiciryou
椅子の選び方と座り方:腰を守るために
腰に弱点がある人にお尻が当たるところが固くてフラットな意思に座らせてみてください。
正中線(背骨)の右側に弱点のある人は右のお尻に体重がかかり、左側に弱点がある人は左のお尻に体重がかかっています。どちらのお尻に体重がかかっているかを確認するとその人の腰の弱点が分かります。お尻が沈み込むような椅子は座っている間に益々腰に負担を掛けることになります。

 

■椅子の選び方:お尻の当たるところが固いもの。マットレスは熟睡できるもの

 

デスクワークの人は一日中長い時間、椅子に座り続けます。その間、何の対策もしないでおくと益々腰を痛めることになります。週刊誌を一冊用意します。その週刊誌を重みがかかっている方の大腿部(太もも)の下に敷きます。
だからこそ夜寝るときはマットレスには気を使いたいものです。

 

次は腰の掛け方です。背もたれのない椅子に腰を掛けると、前屈みになりやすい欠点があります。背骨(脊椎)の正しい形は腰の処が少しお腹の方にくびれているものです。ここが後ろに出ると腰に負担がかかります。背もたれの有る椅子で、そこに背中をつけて座ると腰に負担のかからない座り方になります。

 

■背もたれのある椅子を選んでマットレスにもこだわる

 

背もたれの有る椅子が手に入ったとします。そこでこの椅子の正しい使い方を考えてみましょう。正しい背骨(脊椎)は腰の処がお腹の方に少しくびれていると言いました。ところが腰に弱点のある人は、今までの習慣で腰のとこらが後ろに膨らんでいます。これを修復するためにタオル一本を固く巻いて腰の処に入れます。そして背中を背もたれにつけます。それが正しい背骨(脊椎)の形なのです。前屈みで仕事をしていた時よりはパソコンや照明の位置が変わりますし、座り心地も違和感があるでしょう。しかし腰を痛めて内蔵の疾患を招くことを考えれば、たいしたことではありません。またすぐに慣れてきます。
その分、マットレスはふっくらと寝られるモットンを選ぶのが一番良い選択だと言えます。

 

次は事務所でよく見かける光景ですが、足(下肢)を組んで椅子に腰を掛けている人があります。これも改めて欲しい習慣です。その理由は、股関節を歪めて腰痛の原因になるからです。さらに押さえつけられた方の足(下肢)の血行が悪くなり、これも腰痛の原因になります。できれば足(下肢)の下に布製のマットを敷いて床からの冷えを防いで下さい。足(下肢)腰はとても大事なところです

 

参考サイト

 

モットンの腰痛マットレス
http://xn--9ckk0f4c8310add4d.com/

 

マットレスによって寝返り心地さえ違う事に衝撃を受けました

 

寝苦しい夜、寝返りを打つのも苦しいと思っていたけれど、全部ベッドが原因だったかもしれません…。
まず、私のベッドは何年も前に購入したもので、安価なパイプベッドです。
当時の私にはマットレスという概念がなく、そしてお金もなかったので、それまで敷いて寝ていた敷布団をパイプベッドの上に乗せ使っていたんですよ。
案の定というかなんというか、寝返りを打つたびにパイプベッドがガタン、ギコン、と軋んで音を立てるんです。
気にしていないつもりでしたが、無意識に隣人や下の階に意識してしまっていたのかいつの間にか体を丸めて寝るようになっていました。
また、肩こりや首の痛みも起き始めて、固い床の上に布を引いて寝ているだけの状態なのかもしれないと思いマットレスを購入することにしたのです。
1つ目に買ったのが、綿でできている折り畳み式のフラットなマットレス。
ふわふわと柔らかく、折り畳みもできるので天日に干すのに持ち運ぶのに塩梅よく、これはいいと購入しました。
敷いてみてビックリです。
まさか、布団とこんなに違うとはと反省しきりでした。
それはもう、固いパイプベッドにそのまま煎餅布団を敷いている私が悪いのですが、これは寝たときの背中の感触が「ふんわり」というもので、どれだけ寝返りをうっても例の音が鳴らないのです。
マットレスは寝具でもあるし緩衝材でもあるのだと痛感しました。
安心して寝返りが打てるようになったので丸まって眠る癖は治りました。
しばらく経ったある日、マットレスを干そうと折り畳みを曲げると、その隙間に埃が溜まっているのに気づきました。
山折り谷折りになるので、へこんだ部分にどうしても何か挟まりやすいんですね。
ガムテープや掃除機で対処していましたが、汚れも気になり始めたので、買い替えを決意しました。

今度は、折り畳みでない、ウレタン素材の、凹凸のついたものです。
身体が沈みすぎず、寝心地も前より良く、マットレスの大事さを思い知っています。
何も考えず布団をそのまま敷いていた私は、なんと睡眠をおろそかにしていたんだろうと感じる今日この頃です。

ホーム RSS購読 サイトマップ